HOME / これまでの活動

マグノリア活動履歴
これまでの活動

中世の医学では、惑星が「人間の臓器」と対応し、「人の営み」にも影響を与えていることが体系づけられていました。私たちのこれまでの活動について、惑星ごとに分類してみました。貴方の気になる惑星をクリック(タップ)していただくと、それに基づいた活動履歴がご覧いただけます。

月には『うつす(映す・写す・移す)』働きがあります。私たちは先人たちの智恵をお借りして「うつす」ことから始めました。

プレパラート頒布
各種講座
水星/伝える

「伝える」働きは双方向です。互いに伝え合うことで生命は健やかに躍動します。伝え合うことを大切にしながら、講座や勉強会などを行っています。

森の風学園 風
医師と司祭の協働
金星/捧げる

2人の女性理事が、マグノリアの灯に、そして福島に身も心も「捧げて」います。

箏の演奏を畑に奉納
毎朝畑に出る農ガール
太陽/与える

私たちの理念「認識と愛の行為で福島を生きる」は、愛を「与え」続ける太陽のようにありたいという気持ちから発しています。

心臓の秘密
ドイツWALA社訪問
火星/挑む

いのちのもつ本質の探究に「挑み」、理想とする未来のコミュニティづくりに「挑んで」います。

天井からつるす家
未来のコミュニティ模型
木星/耕す

バイオダイナミック農法の研究とともに、市民農園開設に向けて畑を「耕し」、準備中です。

バイオダイナミック農法
市民農園
土星/保つ

「山・海・川、自然が長年にわたって「保って」きてくれたものの意味を読み取り、それに沿って人がすべき役割に取り組んでいます。

福島の山と川