HOME / これまでの活動 / 水

マグノリア活動履歴
これまでの活動

水星/伝える

マグノリアの灯が最初に手掛けたのは、児童養護施設を建てる強い意志を持った女性の、夢の実現に対する全面的なサポートです。 建築家尾竹一男氏による設計で、こどもたちが安心して住める空間がつくられました。 そこで医師と司祭の協働も展開しています。

児童養護施設 森の風学園

児童養護施設 森の風学園

玉川村は、福島第一原発から西へ60km、標高は480mに位置しています。放射線量は当初より低く、プレパラート撒布でさらに半減しました。2014年秋、施設は無事オープン。虐待などで親と一緒に住めない子どもたち(2歳~18歳)が18人(2017年3月現在)、ここで共同生活をしています。静かな自然に囲まれた環境の中、オイリュトミーや水彩、音楽などの芸術的学びが支えになり、子供たちは目覚ましい成長を遂げています。

医師と司祭の協働

医師と司祭の協働

キリスト者共同体シュトックマン司祭(チューリッヒ~フランス・コルマール)が2014年より3年連続でこの玉川村を訪れてくださり、講演会を開催しています。会場は木蓮庵。医師(山本忍)と司祭が、それぞれの立場から、福島で子育てする親たちに語りかける講演会です。2014年のテーマは「苦難とキリスト者的生き方~ヨーロッパからの眼差し」、2015年は、「宿ったいのち宿る前のいのち」 それぞれ、Kindle版でamazonより購入可能です。

アルバム

施設長 熊田富美子さん

施設長 熊田富美子さん

竣工式 2014年10月

竣工式 2014年10月

木の香する看板

木の香する看板

森の風学園全景

森の風学園全景

木蓮庵

木蓮庵
(森の風学園に併設されています)

定礎式(2014年8月)で埋められた定礎箱

定礎式(2014年8月)で埋められた定礎箱

オイリュトミーの実演 宿ったいのち(医師)2015年5月(母の日)

オイリュトミーの実演 宿ったいのち(医師)2015年5月(母の日)

心臓の秘密(医師)2016年10月

心臓の秘密(医師)2016年10月

宿る前のいのち(司祭)2015年5月(母の日)

宿る前のいのち(司祭)2015年5月(母の日)

心臓の秘密(司祭)2016年10月

心臓の秘密(司祭)2016年10月

診察室で弾くライアー

診察室で弾くライアー

大きな葉で包み込むホウノキ(モクレン科)

大きな葉で包み込むホウノキ(モクレン科)