HOME / magnoliaニュース / さて、どんな種をまこうか?

さて、どんな種をまこうか?

更新日 2020/03/25(水)
コロナウイルスの混乱によって、今まさに色々な種まきがなされているなぁと思います。

日本の歴史は、戦いの歴史でもあると思います。
取られたら取り返す。
かたき討ちをしたら、また別のかたき討ちを生み出す。

争いの種をまくのか、平和な種をまくのか。
不安の種をまくのか、安心の種をまくのか。
恐怖の種をまくのか、調和の種をまくのか。
これだと、0か100かの究極の選択になってしまうから…

争いの種から平和な種を収穫できるのか。
不安の種から安心の種を収穫できるのか。
恐怖の種から調和の種を収穫できるのか。
こっちかな?
新春に蒔かれた種は、秋にはどんな種になるのか…
この一年をかけて、自分の内面に起きた感情をどちらに変容させられるのか。
コロナウイルスによってまかれた種をどちらに転ばせることができるのか。
秋の収穫を待ちたいと思います。
穏やかに収束していきますように祈りを込めて。

さて、マグノリア農園では、そろそろじゃが芋の種イモを植える準備を始めました。
今年は男爵とメークインにします。
男爵は、やわらかくてポテトサラダなどにしやすく、メークインは煮崩れしにくいので煮物に合います。

ようやく読めるようになってきた種まきカレンダーを使って、今年は天体エネルギー栽培を実践してみたいと思います。

バイオダイナミック農法を取り入れていると表明しながら、種まきカレンダーを活かしきれていなかったか…といいますと
私には天体エネルギーが見えなくて、地上に届いているかいないかわからなかったので、使いようがありませんでした。

昨年、「葉の日」と「花の日」に積んだハーブが、一方はカビが生え、一方は発酵して美味しいハーブティーに変貌したという結末の違いによって、
見えないエネルギーが植物に届いて動物を動かしているということが実感できたので、色々試してみたくなりました。

天体エネルギーは、菌ちゃん達に影響を与えているようだ。
その菌ちゃん達は植物の健康を担っていることも本で読んだので、畑で野菜が健康に育てられるように腕を磨いていきたいを思います。

秋の収穫に調和のとれた種がとれるように…
自分に湧きおこる感情の中庸をはかり、土のバランスをみて美味しい野菜野菜になるようように、自分の感情を思考して手足を動かしていきたいと思います。
それが、私の水銀プロセス。

〈橋本京子〉

追伸
大地を癒やすとは、自分の内面を癒やしていくことと両輪。
肉体は土(大地)でもある…(現象を4大元素のエネルギーでとらえる