HOME / magnoliaニュース / 私の追試は…花粉症

私の追試は…花粉症

更新日 2019/03/29(金)
春だというのに、とても寒い日が続いています。
先日は、雪がとけ始めた西山が再びふんわりと雪化粧されてました。
まるで、秋の終わりに眺めるような景色で、今年は、まるで春(桜)と冬(雪)が交互にやってきているような不思議な感じを味わっております。

卒業式シーズンも終え、入学式シーズンがやってきますね。
出会いと別れの季節は、色々なものが交錯するのかな?
あたたかな春の陽気が待ち遠しい今日この頃です。

さて、皆様、春は杉花粉の季節でもあり、春の陽気を楽しんでばかりはいられない方も多いのではないでしょうか。
私は、花粉症を卒業したはず(⁉)なのですが、おとといから追試の花粉症が到来して、卒業試験に足りない点数を調整されているような感じです。(笑)

両腕(上腕二頭筋)と両太もも(大腿部)の熱がどこかへ行ってしまったのか?とても冷たく感じられています。

3分節的に、四肢代謝系の部分が冷えているようなので、冷えているところを温めれば追試の花粉症も変わるかな?といろいろ実験中です。

まずは、衣類を調節して温かくしてみたり、夜はお風呂で体を念入りに温めてから就寝したりしましたが、翌朝も鼻水ズビズバな感じは治まらず、腕と太ももになかなか熱が戻らない感じでした。

これは、体の中から熱を発生させるしかないと思い、今朝は6:30からのラジオ体操をしました。どうせやるからには、美しく。腕はピシッ!と伸ばし、動きは機敏に!真面目に真剣に取り組む!をしてみました(笑)

体内が温められて、鼻水が落ち着いてきました。
ティッシュペーパーの減りが落ち着いています(笑)

私の花粉症は、背中のあたりのゾクゾク感と、外側と内側の感覚の境目がなくなる感じで目と鼻のあたりがぼやーっとするので、風邪だと思って葛根湯を飲むこともあります。葛根湯を飲むことで体温が上昇して改善することもありますが、今日は常備薬が切れているため、ラジオ体操の力を借りてみました。

今時期、服装が春の装いになるので体を冷やしがちですので、どうぞご注意ください。

冷えた時には、ラジオ体操(真剣にヤル!)もおすすめです(笑)

橋本京子