HOME / magnoliaニュース / 2018年3月15日(木) ドニーさん講座のご案内

2018年3月15日(木) ドニーさん講座のご案内

更新日 2018/02/19(月)

みなさま

いつもマグノリアの灯をご支援くださりありがとうございます。

先日2/11は、竹&竹農業対談 第2弾を終了いたしました。少し講座の報告をします。

私は、日頃、言葉の意味を正しく調べず、自分勝手な想像で大まかにとらえ、そこからものごとを考えがちなのだろうと思います。本来の言葉の意味や仕組みからのではない誤認から考えをスタートさせているので、正しく認識できない場面が多々あるのだろうと思いました。自分に対しても、相手に対しても・・・。

美意識は、カロリーの多い少ないや、体重の重い軽いと直接関係している訳ではないという説明から始まる農業講座が印象的で、多分、あれが業講座を紐解く鍵になっていく霊学の実践方法なのだろうと思います。日常には霊学の場面がたくさんあるなと実感した講座でした。言葉のもつ本来の意味を正しく理解して認識しなおすことで、ものごとの本質に辿り着ける。そんな講座だったように思います。物事には、そうなるまでの長い歴史があり、その背景を理解できないと今を正しく理解できないのではないだろうかとも思いました。


さて、ここからは、3月15日の講座のご案内になります。

今年も、ぽっこわぱ耕文舎のピリオ・ドニーさん祥子さんご夫妻によバイオダイナミック農法講座を開催します。震災後、いち早く福島の応援に駆けつけてくださり、今年で6回目を迎えます。

私は、このバイオダイナミック農法講座を受けて、自然界は、こんなにも壮大なスケールの中で、惑星や星々の動きが地球に働きかけて、お互いに影響しあっているのだということを実感したとともに、そんなち密な働きのなかで生かされている存在だった!という驚きをあらためて感じることができた講座でした。

あたりまえにあった自然が、その存在を脅かされたときに初めてその大切さに気付づく。つくづく、人は大切なものを失ってからでないと、そのものの愛おしさに気づけないものなのだということを実感いたしました。

古くもあり、現代人には新しい価値観でもあるこの視点から、原子力を使うことに対する考え方を改め、自然界とのつながりを考え直す機会となり、私の生き方に対する考え方にも影響を及ぼしました。

1回の講座での理解は難しいですが、何度も繰り返すことで理解が深まる講座でもあります。今年は、実際に農園での植物観察や瞑想法の実践を行う予定でおりますので、頭だけでなく心で感じる講座となることと思います。自然界をもう一度見直したいという方、ぜひ、この機会にご参加いただければと思います。


昼食には、バニヤンベーカリーさんのパンをご準備する予定です。www.chilchinbito-hiroba.jp > ... > 福島県 > 食品

勤労青少年ホーム  https://loco.yahoo.co.jp/place/g-2meqzbGT5I2/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spot_ttl  


講座のご案内は、下記のPDFファイルで添付しましたので、そちらをご覧くださいませ。